クラミジアの感染経路は性行為だけではない

クラミジアと言えば、性行為でうつる性感染症として有名な病気です。
クラミジアの原因菌である「クラミジアトラコマティス」は、基本的にはコンドーム無しのセックスで感染し、女性の膣や男性の尿道に住み着き、炎症などの症状をおこします。
男性では軽い尿道の痒みや不快感があらわれる事もありますが、自覚症状の無い場合も多いです。
一方女性の場合は、子宮頸管炎など初期には自覚症状の無い場合が多いですが、卵管から腹腔内まで感染が広がると、子宮付属器炎や骨盤腹膜炎となり、激しい腹痛を感じるようになります。
それだけでなく、卵管の炎症から、卵管性不妊症や子宮外妊娠の原因になったりします。
また、妊婦がクラミジアに感染した場合には、出産時に赤ちゃんが産道を通る際に、感染し結膜炎や肺炎を起こす場合があり、危険です。
また、性行為以外でも、クラミジアに感染する場合があります。
咽頭クラミジアと言って喉の粘膜を通じて感染してしまうものです。
風邪の症状のように喉が腫れたり、痛んだりするので風邪と勘違いしてしまう場合もあるので注意が必要です。
この咽頭クラミジアは、オーラルセックスや、ディープキスで感染します。
クラミジアは、特に初期には症状が出にくく、感染していても気づかない事が多い病気です。
しかし、特に女性の場合には、感染を放置しておく事は危険なので、心当たりがあったり、気になる症状が出た場合には、見過ごしにせず、検査をする事が大事です。
最近では、自宅で検査できるキットも発売されているので、病院に行くのが恥ずかしい方は、利用してみるのも良いでしょう。
治療は、シドキシサイクルリンやアジスロマイシンなどの薬を1週間程度飲む事で完治する場合が多いです。

大衆広場でクラミジア感染に注意すること

結果から言いますと、大衆広場でクラミジア感染する可能性は特異な場合を除いてほとんどありません。
しかし、クラミジアは感染力がとても強いので、本当に大衆広場で注意することはないのか気になる人も多いことでしょう。
日常の生活でもよくあるタオルやバスタオルの貸し借りをしても、感染することはありません。
もちろん、空気感染もしません。
コップや缶を回し飲みしても感染しません。
よく耳にする大衆浴場や温泉の椅子に座っても感染しません。
プールに入っても感染しません。
これはクラミジアの特徴である熱や乾燥に弱いことから証明されています。
では、感染する可能性がある特異な場合とはどんな時かと言うと、洋式のトイレに感染者の体液が大量に付着している状態の便器に性器を接触させた場合です。
そんな状態になることは、普通に考えてありえないことです。
なので、大衆広場で感染する可能性は少ないのです。
いくつかの偶然が重なって感染する可能性を考えれば、タオルの貸し借りや公衆の設備を使う時はあらかじめ洗浄しておくと安心です。
ただし、現在では東京や大阪を中心に増えている「鳥カフェ」だけは注意が必要です。
なぜなら、クラミジアは鳥から感染することがあるのです。
オウム病と呼ばれる肺炎の一種です。
インコ類やハトから感染することが多く、唾液から感染することが多いです。
口移しで食べさせたり、口を接触させたりすると感染する可能性があります。
乾燥した糞を吸い込むことでも感染しますので、マスクで予防することが有効です。
このクラミジアは性器ではなく喉に感染します。
抗生物質を服用することで治療ができます。
潜伏期間は1周間から2週間あり、症状はインフルエンザに似ています。
今まで何ともないから大丈夫だと思っていても、免疫力が低下すると感染しやすくなるので注意が必要になります。

鳥からもクラミジアは感染する

日本では、鳥を飼育している人がとても多いのですが、鳥を飼育する上で注意すべきことがあります。
それは、鳥から感染する病気のことです。
特にオウムを飼育している人は、オウム病に気を付ける必要があります。
オウム病とは、オウム病クラミジアによる感染症のことです。
オウム病クラミジアは、鳥の病気ですが、人間が感染する場合もあるのです。
飼育しているオウムやセキセイインコの糞に、オウム病クラミジアがある場合、その場所の空気を吸ってしまった人間も、肺炎を起こす可能性があります。
そして、家族の中で、複数の人が同時感染することもあります。
オウム病の潜伏期間は、1週間から2週間で、熱や咳が出ることが多いです。
発症する年齢は、30歳から60歳くらいまでの人が多く、子供の感染は少ないと言われています。
症状が軽い場合もありますが、重症の肺炎になることもあるので、熱が咳が出た場合は、すぐに医師の診断を受けることが大切です。
オウム病クラミジアは、オウムやセキセイインコだけでなく、ハトやその他の鳥から感染することもあるので、公園など鳥が多いところに行く場合は、注意するようにします。
オウム病は、4類感染症なので、オウム病を診断した医師は、すぐに近くの保健所に届け出る必要があります。
オウム病クラミジアには、抗生物質が効きます。
特に、テトラサイクリン系の薬を使うことが多いです。
投与期間は、一般的な感染による細菌性肺炎では、1週間から10日ほどですが、クラミジアの場合は、除菌のことを考えて2週間くらいの投与期間になることがあります。
オウム病の予防では、鳥を飼育している人が、オウム病の知識を持つことが重要です。
そして、飼育している鳥が病気になったら、すぐに獣医の診断を受けることが、感染の防止につながります。
■ネットで薬が買える
抗生物質 通販
■安価なジスロマックジェネリック
アジー
■クラミジアは感染力が非常に高い性病です
クラミジアの検査法を知っておきたい