クラミジアを男性が発症すると排尿時に痛いと感じる

クラミジアはクラミジアトラコマティスと呼ばれる病原体に感染することによって発症する病気で、性器に感染する性器クラミジアと咽頭に感染する咽頭クラミジアなどがあり、基本的にはセックスなどの性行為によって感染する病気です。セックスでは性器に感染することが多いのですが、オーラルセックスなどで精液や膣分泌液を介することで咽頭に感染することもあります。その他にもアナルセックスで肛門に感染することもあります。クラミジアは発症しても自覚症状があまりないことが多く、自分では気がつかないうちに感染を広げてしまうこともあります。クラミジアに男性が感染する場合には主に尿道に症状があらわれます。男性の場合には尿道炎や清掃上体炎などと言った症状が起こります。感染して数週間ほど経過して排尿時に痛いと感じるようになったり、尿道に痒みが起こったり、尿道から膿が出ることがあります。排尿時に痛いと感じたり尿道のかゆみ、不快感、精巣上体の腫れがあるといった場合には、感染を疑ってみた方が良いでしょう。感染していても排尿時に痛いと感じることや、かゆみ、不快感などが起こらないということも多く、治療せずに放置してしまうことも少なくありません。しかしそうしてしまうと男性の場合には前立腺炎や血精液症を引き起こしてしまうこともあり、さらには精管に炎症を起こしてしまうと精管が詰まってしまい不妊症につながってしまう可能性もあります。クラミジアの検査は尿道分泌液を検査して診断をしますが、男性の場合には尿で検査を行うことができます。治療は抗生物質を用いて行われますが、一度治っても再発することが多いので注意が必要です。予防にはコンドームをセックスのはじめから終わりまできちんと着用することが効果的です。