クラミジアの反復性とうつ病について

クラミジアは治療をしても感染者との接触をすることで何度も感染を繰り返す反復性があるとされていて、パートナーが特定されている場合には同時に治療をすることで反復性を低下させることができますが、不特定多数のパートナーとのセックスを続けている場合には感染と治療の反復性が保たれることになるので、信頼できるパートナーとのセックスをしなければクラミジアの感染を防ぐことは難しいとされています。クラミジアを防ぐためにはコンドームが有効なのですが、粘膜が接触することで感染を引き起こしてしまうので、セックスの最初の段階からコンドームを装着しなければ感染を防ぐことはできません。通常は挿入時にコンドームをするのですが、クラミジアの感染予防のためには挿入時以外でもコンドームを装着しなければならなくなります。クラミジアはほとんどの場合は無症状なので、知らない間に感染していることが多いのですが、全身に赤い斑点ができることで感染に気がつくことがあり、発熱や扁桃腺炎などを伴っている場合には喉にクラミジアの細菌が感染しているので、性病科などを受診して検査と治療を行う必要があります。うつ病は気持ちが落ち込んだ状態が継続してしまうもので、喜びなどのポジティブな感情を感じることがなくなるので、落ち込んだまま長い時間を過ごすことになります。職場でのストレスが原因でうつ病になった場合には、原因になった職場から離れることでうつ病が改善しやすくなるのですが、家庭環境が原因の場合は投薬治療と認知行動療法を同時に行って、自分の考え方を修正することで落ち込んだ状態を脱することになりますが、専門家によるカウンセリングが必要となるので、精神科などを受診する必要があります。