クラミジアによる尿道炎と神経性うつ病について

クラミジアによる尿道炎は男性が感染した場合に起きる症状で、比較的軽い症状しか出ないので、クラミジアの感染に気が付かないことが多いのですが、尿道炎の痛みが強くなると不安を感じて泌尿器科などを受診して、そこで性病検査を行うことで、クラミジアの感染が判明することが多いとされていて、尿道炎による症状が起きた時にすぐに性病を意識することはあまりありません。男性の場合はクラミジアで尿道炎になる割合は女性と比較すると少なくて、ほとんどの場合は無症状のまま治癒してしまいます。男性のペニスは粘膜の面積が狭いことや尿が勢い良く出ることで細菌が排出されることが感染が少ない要因となっています。女性の場合は子宮が内臓までつながっているので重症化しやすいのが特徴で、放置したまま感染が進むと不妊症のリスクが高まるので、不特定多数のパートナーがいる場合には定期的に検査を受けて感染が確認されたらパートナーと一緒に治療をすることが大切です。神経性うつ病は若者に多いタイプのうつ病とされていて典型的なうつ病と症状が似ているのですが、軽い気分の落ち込みが長く続くのが特徴なので典型的なうつ病と区別するのが難しいとされていたのですが、社会や生活環境に馴染めないという罪悪感や人や職場、社会に対する怒りやストレスなどによって、精神的に疲れてしまって、興味が喪失して疲れやすくなるのが主な症状とされています。神経性うつ病は若い女性の場合は食欲不振や過食を伴うので食べたことによる罪悪感を感じることで、さらに症状が悪化することもあります。典型的なうつ病と神経性うつ病に共通の症状としては自尊心の低下や集中困難、決断困難、絶望感などがあるので、認知行動療法などを行うことや、リラックス法を習得することで症状を改善させることができます。