クラミジアでうつ病患者は自宅で検査キットを利用

クラミジアはクラミジアトラコマチスという細菌が繁殖、性行為によって感染する性病の1つです。

クラミジアはかつて目にすみつきトラコーマといわれる結膜炎をよく引き起こしていましたが、今ではめったにありません。
最近は下水道が整備され、大概毎日お風呂に入るし、顔を一日1度は洗うようになったからです。

クラミジアは女性の膣や子宮けい部、男性の尿道などにすみつき、オーラルセックス、アナルセックス、ディープキスなど粘膜を通して感染します。1度の性行為で50%の確率で感染するので、強力です。

さらにクラミジアは10~20代の若い世代の罹患が多いのが特徴ですが、その理由として性の弱年齢化、成人ビデオなどのわいせつな映像に刺激され、性病の怖さを知らずに過激な性行為をするためだと思います。

また精神的に不安定なこの世代は、中にはうつ病を患っている人もいるでしょう。

うつ病はなんでもネガティブに考えがちで、自分の体が性病にかかっていたと思うと、落ち込みうつ病の状態をひどくさせてしまう恐れがあります。

なのでうつ病的な考え方をする人は、漠然とクラミジアに感染したのではと恐れたり、不安がるのではなく、実際どうなのか病院で調べてみれば安心します。

しかしなかなかメンタルが弱いと病院へ行き、自分の症状を話すのはつらいので、自宅検査を利用するといいです。

ネットではクラミジアを自宅検査できるキットが3000円程度で売られています。

女性ならおりものを少しとる、男性ならば尿検査をすれば、感染しているかどうか判明できます。自宅検査なら誰にも知られず、性病になっているかどうか分かるし、もし感染していたら勇気をだして病院へ行き、しっかり治療を受ける必要があります。