クラミジアの潜伏期間とエイチアイブイについて

クラミジアの潜伏期間は1週間から3週間とされているので検査をして感染を確認した場合には抗生物質の投与が行われて、3週間後にもう一度感染の有無を確認してから治療を終えることになります。クラミジアの潜伏期間は比較的短いのですが、エイチアイブイの場合は潜伏期間が平均すると4年程度とされているので、性的な接触がなくても過去にエイチアイブイに感染するような疑いがある行為をした場合には注意をしなければなりません。エイチアイブイの初期症状は風邪の症状と似ているとされていて、発熱やリンパの腫れなどが多いとされています。クラミジアの感染を繰り返している女性はエイズや梅毒に感染することが多いとされていて、免疫力が生まれつき弱い女性に関してはクラミジアだけでなく、梅毒やエイズなどの性感染症にかかりやすいとされています。クラミジアは梅毒などと比べると症状が軽いことから積極的に治療をする患者が少ないのですが、症状が進行すると女性の場合は子宮内膜炎や卵管炎になることがあるので、不妊症などのリスクが高まります。男性の場合も陰嚢が腫れることがあるので不妊の原因になります。またクラミジアは性器にだけ感染するのではないので、口腔内が感染すると慢性の扁桃腺炎などを引き起こしたり、咽頭炎にかかることがあるので、これらの症状が出た場合には血液検査をしてクラミジアが検出されたら抗生物質による治療をしなければなりません。クラミジアは粘膜ならばどこでも感染するので、結膜炎になったり、直腸に炎症が起きることもあるのですが、ほとんどの場合は気が付かないまま放置されるので、感染したとしても治療をする患者の割合が低いというのが特徴となっています。