クラミジアの予防方法はオーラルセックスなどを防止

性病といっても淋病、コンジローム、梅毒などいろいろありますが、今、もっとも多いのが感染症クラミジアです。

クラミジアは女性の子宮けい部や膣、男性の尿道に潜伏しており、ほとんどオーラセックスやディープキスで感染するため感染症クラミジアとよばれるのです。

昨今、短時間で高収入がもらえることもあって、安易に性風俗店で働く女性が多く、そういうお店を利用する男性も気軽に訪れてしまいがちです。

不特定多数の男女がオーラルセックスのような行為をし、知らず知らずのうちに感染症クラミジアに罹患、恐ろしい勢いで人から人へと感染しているのです。

というのもクラミジアに感染しても、最初のうちは何の自覚症状もなく、自分がクラミジアになっていることが分からないためです。

そのため気軽に不特定多数の人と性行為をしては、クラミジアが感染しもっとも多い性病となってしまったのです。

クラミジアは女性の場合、性器感染すると初期の段階ではおりものに異常が表れます。

量が増えたりにおいがきつくなったり、時には不正出血をする場合があります。

ほうっておくとクラミジアが子宮やおなかのほうまで、ひろがり激痛を引き起こしたり、ときには不妊症、子宮外妊娠してしまう場合があります。

クラミジアの予防方法としては、安易にオーラルセックスをしないことです。

また不特定多数の人と性行為をしないのが、予防方法です。

昨今、成人向けビデオではオーラルセックスが当たり前のように描かれ、それを常識だと錯覚し危険な行為をすることが多いようです。

自分が感染しているかもと不安だったらネットで検査キットを取り寄せ、調べることによって2次感染し他の人が苦しまないように調べるのも賢い予防方法の1つです。