クラミジア、トリコモナス、神経症について

クラミジアは、日本で感染者が一番多い性感染症です。性器に発症する、性器クラミジアと、咽に感染する咽頭クラミジアがあります。感染者との粘液接触や、精液、膣分泌液等を介して感染します。感染者が多い理由としては、男性も女性も感染している事に気が付かない程症状が現れない為、パートナーにうつしてしまうケースが多いようです。完治すると再発はしない病気ですが、パートナー同士で治さないと再び感染してしまう厄介な感染症です。クラミジアに感染していることで、他の性病にも感染しやすくなります。いくつもの性病が重なりあうと重複感染の状態が起こりやすくなるため、クラミジアに感染してしまったら治療が必要です。次に、トリコモナス症は基本的には尿生殖路の感染症です。最も多い感染部位は、女性の尿道もしくは膣です。男性の場合では、排尿により原虫が排除されてしまう事が多いようです。トリコモナスは肉眼で見分ける事の出来ない原虫です。その原虫が、性器内に入り込み炎症を起こします。なので、性行為以外からの感染もあり得ます。感染源が原虫ということもあるので、性行為以外では、下着やタオルや便器、浴槽での感染があります。女性の場合は、トリコモナスに感染してしまうと、膣内を綺麗にする作用が弱ってしまう為、他の細菌感染やカンジダ症を起こしてしまう場合があります。次に、神経症とは、不安等の不適応行動を特徴とし、入院する程の重篤ではない場合が多い状態です。神経症は、ストレスからくる心の病気なので、誰にでも起こりうる病気です。最近では、不安障害とも呼ばれています。ストレスに弱い性格の方は、些細なストレス刺激でも神経症になりやすいです。ですが、ストレスに強い方でも、大きなストレス刺激を受けると、神経症になってしまいます。